雨漏り調査

雨漏り調査にはまず正しい知識と経験が必要です

I・Sテックでは、雨漏り調査しても水の進入箇所が特定できなかった場合は調査費用は一切頂きません。

雨漏り調査はこんな方が利用されています!

  • 雨漏り修理をどこの業者にお願いしたらいいかわからない…
  • あまり予算が取れないので、雨漏りの原因箇所“だけ”修理してほしい
  • 建築会社に相談したら、外壁を全部貼り替えろと言われた!!
  • 何回か業者に修理依頼を出してるけど、一向に直らない…
  • 大雨や台風のたびに雨漏りに頭を悩ませている

I・Sテックでは雨漏り診断士、赤外線診断士の資格を取得しています!

I・Sテック では
雨漏り診断士
赤外線建物診断技能師

の資格を取得していますので 安心して相談して頂けます。

赤外線診断とは

調査対象物が日射や気温、加温等の熱変動を受けると、材料の比熱や熱伝導率等の違いにより表面温度に差が生じます。
赤外線診断は熱伝導性の相違によって生じる表面の温度差を赤外線サーモグラフィ装置によって測定し、得られた表面温度分布から外壁の異常、雨水の進入経路を検出します。
また、断熱不良、下塗りの剥離、結露、湿気といった建物の問題点を検出し、視覚化する優れたツールです。

静岡県西部で赤外線サーモグラフィで調査できるのは当社だけです。

赤外線カメラを使用することで、分かりにくかった雨漏り箇所が的確にわかります

雨漏りと赤外線検査

雨漏り診断には、多くの場合、壁に水をかけて行ってきました。
殆どの場合、雨漏り原因は離れた複数の侵入経路で入って来るため、原因が解らない場合が沢山有ります。しかし、赤外線診断技術では雨もり原因の特定が可能に成りました。
赤外線診断では、漏水、湿気による温度差を確認します。建物内へ侵入した水分停滞部は乾きが悪いため、温度差として確認出来ますので雨水進入路、漏水部を的確に探すことができます。

赤外線調査と散水調査の併用で確実に原因特定します

現地調査(聞き取り)

お客様から現状での雨漏りをしている場所、状況、どのような時に雨漏りするのか等をお伺い致します。
お伺いした内容から、最適な調査方法を提案し「どこから雨漏りしているか」の疑わしい場所を探していきます。
また、台風、突風等で「屋根材が飛散してしまった」「壁に大きな穴が空いてしまった」など原因が調査しなくても明確に分かっている場合は調査費用は発生いたしません。

目視調査

原則として目視調査のみの調査はありません。
水の浸入路は複数個所ある場合や、見えない場所から水が浸入しているケースが多いため、見た目だけで判断する目視調査は行いません。
(散水調査と赤外線サーモグラフィー調査では目視調査は含まれています。)

赤外線サーモグラフィ調査

赤外線サーモグラフィー調査とは、建物を高感度赤外線カメラで撮影して調査する方法です。
(当社で使用している赤外線カメラは、世界シェアNo.1、国内最高画素数のフリアー社製カメラを導入しています。)

散水調査

散水調査とは、水をかけて雨漏りの再現を試みる調査方法です。
散水調査では、調査に時間がかかりますので半日から終日ご在宅頂く場合があります。
また、すべての雨漏りが必ずしも再現できるとは限りません。
※経験上、再現できない要因として次のようなことがあります。

  • 断熱材が水を吸い込んでしまい室内に落ちてこない場合。
    (赤外線調査との併用で、温度変化による判断をすることができます。
  • 台風などで、樋のオーバーフローや吹き上がりによる雨水浸入の場合、強制的に水を浸入させ なければ再現はできません。

その他の調査

赤外線調査、散水調査を行った結果、外壁に水をかけてみても水が落ちてこない、赤外線で見ても温度変化の異常が見られない場合があります。
この場合、外壁には雨水の浸入口がないと判断出来ますので、屋根や屋上、バルコニーなどの防水施工部からの漏水やオーバーフローの確認を調査していきます。

調査報告

  1. 建物概要
  2. 現地調査結果
    1. 調査概要
    2. 現地予備調査チェック項目
    3. 撮影状況
  3. 撮影機器及び調査方法
  4. 調査結果(検査レポート)
  5. 赤外線画像解析考案(現状、対応策)

※簡易報告書提出の場合は、検査レポートのみの提出となります。

I・Sテックは、第三者機関としての公正中立的な立場
赤外線建物診断」致します

調査・診断とは、検査と分析の結果を基に、
現在の状態と対応策をご依頼さまにお伝えする事です。
その後の修理、改修工事の対応については、
施主様が決定される事に成ります。

当社施工

  • 雨漏り調査で判明した問題点を責任をもって修理・修繕致します。
  • 工事期間中・工事終了後必要な場合は、無料にて赤外線検査を行い確認致します。
  • アフターフォローも大切にしております。お困り事や不具合などがございましたら、施工完了後 であってもお気軽にご連絡ください。

他社様施工

  • 築10年以内などのメーカー保証が受けられる場合におすすめいたします。
  • 他社様で修繕工事を行う場合、施工指導や、修繕後の赤外線調査は、別途費用が発生します。

雨漏り調査・赤外線診断における
診断体制と責任の範囲について

調査報告書の責任範囲について

本調査書は雨漏り・外壁劣化など客観的な状況を画像化し、それに基づき推定される修繕策に導くものです。
従って紛争・トラブルなどの問題解決のご協力などは一切お受けできません。また、雨漏り再発防止を保証するものではありません

調査報告書におけるご了承事項

雨漏り調査は、赤外線カメラ・散水調査・目視・打診等を活用し、客観的なデータにより雨漏り・漏水箇所の原因・ルートを推定するものです。
この雨漏り・漏水箇所の原因・ルートを推定することが、受託範囲であり、雨漏り・漏水の修繕の結果を保証するものではありません。
調査日(物件調査における調査報告書提出日)以降に、発生した地震、台風・強風等自然災害等により、建物に破壊・損傷等を与える要因が発生した場合においては、本調査における調査報告書と異なる状況にあります。
それら自然災害等が発生した以降の雨漏り・漏水箇所の原因・ルートについては、本調査報告の適用範囲外とさせていただきます。

白蟻被害

白蟻被害の90%は雨漏りが原因です

瑕疵保険・火災保険対応

瑕疵保険、火災保険の適用範囲の場合は対応致します。

雨漏りに対する補償義務について

新築住宅の主要構造部や雨漏りについては、引渡しから10年間保証することは、平成12年4月施行の「住宅の品質確保の促進に関する法律」で、義務付けられております。
殆どの場合、施工時に瑕疵(かし)担保責任保険に自動加入されており、万一施工された工務店が 倒産された場合等でも多くの場合保護されてます。
手続き等、不明な点が有ればお気軽にご相談ください。
台風などの自然災害が原因の場合、火災保険の適応に成る場合もございますので、ご相談ください。

PAGETOP
Copyright © I・Sテック株式会社 All Rights Reserved.