赤外線調査とは

赤外線カメラとその仕組み

赤外線カメラは温度を測定するのではなく、赤外領域の放射強度を記録します。

赤外線放射は肉眼で見ることができませんが、赤外線カメラを使うと画像に映し出すことがで きます。画像はグレースケールまたは異なるパレットで表示され、見えやすくなっています。
赤外線画像はデジタル写真とともに表示することで、より理解しやすくなります。
これにより赤外線画像が実際にどこでとられたものか、また何を捉えているのかが明らかにな ります。

赤外線サーモグラフィは建築物の診断に最適なツールです。

赤外線カメラは非常にデリケートな機器です。
時に赤外線カメラのレンズ表面は特殊コーティングが施されており、例えレンズの表面に埃が 付着しても拭き取る事は出来ません。
もしも仮に拭き取った場合は表面のコーティングに傷が入り、正しい熱画像を感知できなくな ってしまいます。
レンズを太陽光に一瞬でも向けると赤外線カメラのレンズのコーティングが焼けてしまい使用 出来なくなってしまいます。

I・Sテック(株)で使用する最新型の高精度赤外線サーモグラフィー

T620/T640は640×480ピクセルの高解像度の赤外線サーモグラフィです。
回転可能なレンズは、あらゆる角度の対象物を簡単にとらえることが可能です。大きいタッチ スクリーン画面、高い温度精度、ビューファインダー、連続オートフォーカスなどサーモグラフィのニーズをすべて搭載したカメラです。
フリアーシステムズのカメラを使用することで、簡単にエネルギー効率を高め、破壊を最小限 に抑えて修復箇所を特定できます。
フリアーシステムズの赤外線カメラは、湿ったところと乾燥したところを瞬時に映し出します。
赤外線カメラは人や建物への影響を最小限に抑えてトラブルの元を見つけるのに役立ちます。
建物のあらゆる系統の問題を迅速、確実かつ正確に診断しなければならない建築物診断のプロに好評です

  • + エネルギー損失の視覚化
  • + 断熱材のない箇所、断熱材がダメージを受けている箇所の検出
  • + 空気の漏れ経路の検出
  • + 屋内外の屋根や壁に設置された断熱材の湿気の検出
  • + カビ、断熱不良箇所の検出
  • + 熱橋の検出
  • + 平屋根の漏れの検出
  • + 温水管の欠格検出
  • + 建築構造の問題検出
  • + 放射床暖房の問題検出
  • + 建物の乾燥施設監視
  • + 電気の問題箇所検出
  • + 配管および地域暖房の問題点検出
  • + その他様々な問題の検出
PAGETOP
Copyright © I・Sテック株式会社 All Rights Reserved.