外壁劣化調査

安価・安全・高精度な外壁診断ができます

新「定期報告制度」にも対応

赤外線外壁劣化診断

赤外線外壁調査は、特殊なカメラ(赤外線サーモグラフィカメラ)を使用して外壁調査対象の温度差を分析し、可視化することで問題部分を特定する調査方法です。 赤外線外壁調査では建物の一部は打診調査を行いますが、外壁の殆どを赤外線カメラで撮影致しますので、環境にやさしい調査方法です

赤外線調査は、赤外線調査は国土交通省の診断指針に「赤外線診断法」として記載許可された、診断法です。
建築基準法第12条、特殊建築物等定期報告にも対応しています

平成20年4月に建築基準法が改正され、
ビル・マンションを新築、外壁改修してから10年経つと外壁診断することが法律で義務付けられました。
赤外線調査は国土交通省の診断指針に「赤外線診断法」として記載許可された、診断法です。

非破壊・非接触の外壁診断

赤外線カメラは、調査対象から放射される赤外線エネルギーを感知し、熱分布画像として表示されます。
赤外線エネルギーと熱エネルギーは比例するため、強弱によって温度差として表示します。
よって、調査対象面の熱伝導率による温度差を計測して、外壁面の熱画像と可視画像などから外壁の劣化状況を調査します。

低コストな外壁診断

外壁劣化調査は、壁面を打診して外壁浮き部の有無を調査する打診法が一般的です。
高所を調査する場合には、足場やゴンドラなどが必要になり診断費以上に必要です。
赤外線カメラを使用して外壁の調査をする赤外線調査なら、打診法に比べ低コスト・短期間・安全に外壁の調査する事ができます。

赤外線診断と全面打診のコスト比較と影響

赤外線サーモグラフィーでの調査なら足場設置の必要もなく、外壁打診による点検に比べて大幅に費用を抑えることが可能になります。
また、短期間で調査可能なため、周辺への負担も与えません。

赤外線診断項目外壁全面打診
赤外線サーモグラフィが必要コスト高所建物では、仮設足場費用が必要
基本的に足場は不要
建物状況により高所作業車が必要
仮説設備作業用仮設足場が必要
撮影作業のみ工事足場設置、検査、足場撤去
雨天等の天候影響を受ける気象条件等雨天等の天候影響を受ける
地上または床面からの撮影安全性足場作業に伴うリスク
調査対象物とは非接触安全性足場設置、打診による物的破壊など
遠方からの撮影居住者への影響足場設置・解体、打診による振動、騒音
撮影画像のデジタル処理作業記録方法打診結果の集計作業

外観目視調査・部分打診調査・赤外線調査を併用して各工法の短所を補完

外観目視調査による欠損、ひび割れ、ふくれ、汚れ、水濡れ、目地剥落シーリング劣化等 を直外壁面を目視観測して異常部を発見し、部分打診調査・赤外線調査を併用し短所を補完しながら壁の浮き部、剥離部等、異常部の検出しより高精度な調査結果を得ることができます。

赤外線診断のメリットとデメリット

メリット

  • 調査対象物と非接触のため足場、ゴンドラなどの仮設が必要ありません
  • 大面積を少人数で調査、診断することが可能です。
  • 調査期間が比較的短期間で調査することが可能です。
  • 診断結果を熱画像として記録できます。
  • 地上から建物の外壁を撮影するので、建物内におられる方々のプライバシーを損なう事はありません

デメリット

  • 気温、時刻、壁面の方位、カメラ設置位置、仕上げ材の色調・汚れ、冷暖房機器の発熱などの影響を受けます。
  • 雨、風の強い(風速5m以上)日は測定が不可能になります。
  • 調査対象面と赤外線カメラを設置出来る間に、障害物があると撮影できません。
  • 建物の出隅、入隅、凹凸物、突起物などは、診断精度が落ちることがあります。
  • 建物の北面は赤外線解析が困難になりますので、北面が調査面となっている建物については、外気温の低い時期に行う事は避けた方が 良いです。
  • 直射日光が照射しない面は、外気温が約25℃以上なければ画像解析が出来ないな場合があります。
PAGETOP
Copyright © I・Sテック株式会社 All Rights Reserved.